>

オーダーカーテンを頼むときに気をつけなくてはいけないこと

オーダーカーテンを頼む際の落とし穴と注意すべき点

この記事をシェアする

オーダーカーテンの注意点

オーダーカーテンの注意点ですが、生地のサイズに関しては、生地の素材によってはクリーニングすると縮むものもあるので注意して業者に確認してください。
またカーテンレールに関しては市販のものがほぼ合いませんので専門店でこちらも頼むしかないので注意が必要です。
ただ窓の作りでレールケースが取り付けてあるものは市販仕様のレールが使える場合もあるのでこちらも相談しましょう。
あと厚手カーテンの方はタッセルもオーダーになりますので十分確認して依頼しましょう。
そして価格は生地の素材によってピンきりですので良く調べて選びましょう、そしてできれば価格交渉もしっかりと行いましょう、結構高いものなので交渉の余地はあるはずです、ここはしっかり者でいいきましょう。

オーダーカーテンを頼む際の落とし穴

そしてオーダーカーテンを依頼する際に陥りやすい落とし穴が結構あります。
良くあるのがカーテンレールも頼んだときに素材にこだわって木やメタルのレールを頼んだらオーダーに良くあるリングフックではなくて業者が勝手に既製品と同じフックを取り付けてくる場合があります、これはしっかり言わないと向こうは平気でやってきますので注意が必要です。
この手の落とし穴は結構事例があります。
あとタッセルホルダーも同様でデザイン重視で頼むとタッセルがかからないものが届きます、ここは機能性重視で行きましょう、これも言わないと勝手にやられます。
注意してください。
あと一番致命的なのが採寸ミスです。
特に目立つのが2枚開きでイメージしていたのに確認せずに依頼したら一枚物で出来上がってしまったという例です。
これもやり直しは利かないので事前に注意しましょう。
以上のような落とし穴にはまらないように注意してオーダーしましょう。