>

オーダーカーテンを頼むときに気をつけなくてはいけないこと

もし規格外のサイズだった場合

この記事をシェアする

もし規格外の窓でカーテン使えなかったら

とにかく窓が規格外のサイズだった場合にはオーダーをしてカーテンを作り直す以外に方法はありません。
小売店の殆どは規格品しか販売していませんし、お店によってはイージーオーダーをやっているところもありますが縦の長さしかイージーオーダーはできないので規格外の窓には結果として対応できないことになります。
ではどうしたらよいのかということになりますが、専門店を選ぶか建築業者の紹介をもらって業者を利用することになると思います。
そこでフルオーダーを依頼することになるのですが、価格が異様に高いのと生地の種類が物凄く多いので最初業者を訪ねた方は思わず引いてしまうかも知れません。
ですので依頼をするには慎重に慎重を重ねて望まねばなりません。

オーダーカーテンを依頼する羽目になったら

さていざオーダーカーテンを依頼する覚悟ができたら、まず窓の採寸を行いましょう。もともと規格外なのでこれは実際に図らなくてはいけません。
しっかりサイズに関しては確認してください、長すぎた、最悪は短すぎたということになりかねません。
そして一枚ものにするのか二枚ものにするのかもしっかり選択しましょう。
あとカーテンレールも頼むことになります、その際タッセルホルダーも方をそろえなくてはいけないので注意しましょう。
さあ次は一番肝心な生地選びに入ります、生地は光をさえぎる遮光タイプや遮光しないタイプもあるのでここは注意が必要です。
そして生地の厚みや色と柄、これが一番悩むところだと思います。
本当にたくさんあるので家のインテリアと考えながらベストの生地を選択しましょう。