>

オーダーカーテンを頼むときに気をつけなくてはいけないこと

オーダーカーテンを頼む際、注意をしなくてはならないこと

この記事をシェアする

引っ越してカーテンが合わない

転居することになって新居へ引っ越したり、新たに家を新築したりした際にいざ入居して発生しがちなのが、以前の住居で使っていたカーテンがすべて合わないといった事例です。
規格内の窓があってそのまま使えればよいのですが、新規格になっていたり規格外の窓だったりするともうお手上げです、こうなるとオーダーを業者にお願いして新たに作り直すしか方法がありません。
するとオーダーカーテンは結構な値段がするので大きな負担がかかってきます。
また一からのスタートになるので手間もかかりますし、納品にもある程度の時間を要します、その間はカーテンなしということになりますので注意が必要です、できれば入居前に対策しておきたい点ですね。

規格外のカーテンサイズだったら

規格外のカーテンに関してはやはりオーダーカーテンということになりますのでおのずと業者に依頼をして作ってもらうということになります。
依頼の際大事なのはサイズをしっかり確認すること、カーテンレールの選択もしっかり行うこと、生地の選択やタッセルの種類選びも十分吟味して依頼することなどが大事な点になってきます。
これをしっかり確認しないと出来上がってきたらオーダー品なのでやり直しは利きません、とんでもないことになりますので確認は必ずくどいほどにやりましょう。
そして価格も大事です、結構な価格になりますので、生地代に加えて加工料、手数料などの上乗せが適正かどうか業者の方に書類でしっかり見せてもらいましょう。