オーダーカーテンの落とし穴について

オーダーカーテンを頼むときに気をつけなくてはいけないこと

引っ越したときに困ってしまうカーテンのサイズ

引越しで新居に移ったりまた新しく家を建てた場合に移ってみて結構多いのが前の住居で使っていたカーテンがすべて合わなかったという例です。
一口に窓といっても企画もいろいろあり、さらには規格外のもの、輸入品もあったりして実は何もかもが一種類に統一されているわけではないのです。
さあ、合わないとなるとこれは大問題です、各部屋すべてのカーテンをそろえなおさなくてはいけません。
既製品のサイズで合うものがあればよいのですが、もし規格外の窓の場合は、注文してオーダーカーテンを作らなくてはなりません。
そうなると生地やサイズから検討を始め、また価格も既製品の比ではなくかなり高価なものになってしまいます。
そうなると金額的に結構な負担がのしかかってきます。
そしてオーダーカーテンを依頼する場合にはいろいろ注意しなくてはいけない点があります、まずサイズは確実に確認をして相談することが大事です。
また生地、柄の選定に関しては慎重を期しましょう、各部屋とのバランスも考えなくてはいけません。
あとタッセルやタッセル止め、カーテンレールも作り直しです。
これらを間違うとオーダー品なのでやり直しは聞きません、大変なことになってしまいますので十分注意して業者に相談する必要があります。
このサイトではそういったオーダーカーテンを注文したときの落とし穴に関して深く掘り下げ、どうやったら失敗しないオーダーができるのかを調べていきたいと思います。